iosの株価アプリで短いティッカーシンボルがヒットしない問題は言語設定を変更すれば解決する

iPadにはデフォルトで株価アプリが入っている。銘柄や指数を登録すればその値動きを確認できる。

東証上場銘柄はもちろん、ニューヨーク証券取引所に上場している銘柄も登録できるうえ、デザインもスタイリッシュなので使っている。

銘柄登録には企業名やティッカーシンボルを使用するのだが、短いティッカーシンボルを持つ銘柄のなかには検索してもヒットせず、登録できないものがある。

このような銘柄はいくつかある*1。わかりやすいのはコカ・コーラ(KO)だった。

f:id:armik:20181108124430p:plain:w300

東証の銘柄ばかりが表示されるのがわかる。

ティッカーシンボルではなく、企業の正式名称を入力してもヒットしない。

f:id:armik:20181108124420p:plain:w300

ググっても同じような問題の報告がないため、試行錯誤していると、言語設定を変更することで解決することがわかった。

pc-karuma.net

設定→一般→言語と地域→iPadの使用言語と移動し、

iPadの使用言語」を英語に変える。

そして、株価アプリを起動すると

f:id:armik:20181108124425p:plain:w300

先頭に表示された。

登録した後に言語設定を日本語に戻せばよい。株価の登録銘柄は変更されない。

今回は米国株だったが、他の国の銘柄がヒットしない場合もその国の言語に変更すれば表示されるかもしれない。

*1:VTやTなど。ただ、短くてもヒットするものもある