NTTが株式分割するらしい

NTTが12月31日を基準日として株式を分割するらしい。NTT株を所有している知人から聞いた。

1か月以上前にニュースになっていたようだ。

www.bloomberg.co.jp

狙いは個人株主の減少を食い止めることらしい。

株式分割についてはよく知らなかったため、NTTに何のメリットがあるのか調べた。

株式分割のメリットは株価を引き下げ、流動性を高めることだと言われる。

流動性が高まった結果、株価の上昇が期待できるらしい。

分割しても業績に影響はないため、株価は変わらないはずだと私は考えていたが、流動性も株価に影響してくるということらしい。

めでたく株価が上昇すれば、既存の株主はキャピタルゲインを得られることになる。これはNTTにとってもメリットとなる。

では、なぜ個人株主の減少を食い止めたいのか。もしくは、個人株主を引き付けたいのか。

個人株主の比率を増やすことを考える時、株式発行しないのであれば、そこには株を売る側がいる。

つまり、個人株主に売る側にとって、株式分割は利益を得るチャンスということになる(株価が上がれば)。

NTTの最大の株主は財務大臣(政府)だ。

政府が大株主の企業といえば、日本郵政JTが挙げられる。

www.mof.go.jp

それぞれの株主構成のうち「個人その他」が占める比率は以下の通りだ*1

特別NTTが高いとも思えない。

www.japanpost.jp

www.jti.co.jp

ただ、株価には差がある。

分割をすれば株価が1/2となり、日本たばこくらいに落ち着くという計算なのか。

私は最初、分割による株価の上昇に乗じて財務省がNTT株を売却するのではないかと思っていた。

ただ、日本郵政とは異なり、財務省はここ数年はNTT株をNTTに売却するという方針を取っている。

今年の9月にも売付を行っている。さすがに話はそう単純ではないらしい。

www.mof.go.jp

gendai.ismedia.jp

財務省がNTT株を売ることがあるのだろうか?

いずれにせよ、分割後の株価の振る舞いに注意してみる。

*1:ブログ執筆時点

edic2convを使った後、例文を削って自分用のankiフォーマットに編集するスクリプトをpythonで書いた

この記事を見るような方ならば、きっと以下のサイトを目にしていることだろう。

kanzenmap.nomaki.jp

rubyu.hatenablog.com

E-DICをcsv形式で出力してくれるツールが提供されており、大変ありがたい。

ただ、出力されたcsvファイルをankiにそのまま流し込んだものは、個人的には学習しづらかった。

そこで、自分用に編集した話を書き残しておく。

以降では『英和イディオム完全対訳辞典』の編集について書く。『動詞を使いこなすための英和活用辞典』も編集したのだがスクリプトの内容はほぼ同じであるため、記事にはしない。

編集方針を立てる

edic2convを使用すると

  • 英和イディオム完全対訳辞典 語義
  • 英和イディオム完全対訳辞典 対訳(英和)
  • 英和イディオム完全対訳辞典 対訳(和英)

の3種類のcsvファイルが出力される。

出力すればわかるが、「対訳」の例えば英和のファイルの内容は次のようになっている。

  • 1列目(ankiカードの表に対応):英語の例文
  • 2列目(ankiカードの裏に対応):その訳

f:id:armik:20191007112834p:plain
英和イディオム完全対訳辞典 対訳(英和)

和英は1列目と2列目が逆転したものになっている。

見ての通り見出しがないため、このままankiに流し込んでは覚えにくいと思った。いきなり例文だけが表に現れることになるためだ。

見出しを追加しても良いのだが、例文からそれにに対応する見出しを選び出すのは(少なくとも私の技術力では)難しい。

一方、見出しがあるのは「語義」の方だ。「語義」のファイルの内容は次のようになっている。

  • 1列目:見出し
  • 2列目:見出し+意味+例文①+例文①の訳+例文②+例文②の訳+...

f:id:armik:20191007112841p:plain
英和イディオム完全対訳辞典 語義

こちらは1列目に例文がなく、2列目にまとまっているのだが、このままankiに流し込むと見出しだけで覚えることになり、効率が悪い。

また、一つの見出しにつき例文が複数ある場合がある*1

さらに、一つの見出しに意味が複数ある場合もある。

  • 1列目:見出し
  • 2列目:見出し+意味1+例文1-①+例文1-①の訳+...+意味2+例文2-①+例文2-①の訳+...

複数の意味がある場合、それぞれに用意された例文の数も見出しによって異なるため、判別が難しい。そこで今回はスキップすることにした。

私の理想は次のような形だ。

  • 1列目:見出し+例文①
  • 2列目:意味+例文①の訳

つまり、表には見出し+例文を置き、裏に意味+例文の訳があるのが望ましい。

例文②以降を削ることになってしまうが、仕方ない。

「語義」から私の理想に近づけていくには、2つの手順を踏めばよい。

  • 2列目の見出しの削除
  • 2列目の例文①を1列目に移動する

手でやるのは地獄なので、テキストエディタpythonを使って編集していく。

2列目の見出しの削除

これはさほど難しくはない。csvファイルを適当なテキストエディタ(サクラエディタvscodeなど)で開き、正規表現を用いた置換で

  • 置換前:,".*?<br><br>
  • 置換後:,"

とした。csvファイルがカンマ区切りであること、意味の前にbrタグが現れていることを利用している。

2列目の例文①を1列目に移動する

これが厄介だった。テキストエディタの置換でできる範囲を超えている。

結論から書くと、上に書いた置換を施したcsvファイルに対して次のpythonスクリプトを実行した。

import csv
import re
import pprint
with open('idiom/idiom2.csv', encoding='utf-8') as f:
    reader = csv.reader(f)
    l = [row for row in reader]
idiom_regex = re.compile(r'¶.*?(')
Jap_regex = re.compile(r'[\.\"\!\?](.*?)')
Men_regex = re.compile(r'「.*?」.*?¶|[①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩].*?¶')
Pl_regex = re.compile(r'[①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩].*?¶')
num = 0
for row in range(len(l)):
    mo = idiom_regex.findall(l[row][1])
    mo_jap = Jap_regex.findall(l[row][1])
    mo_men = Men_regex.findall(l[row][1])
    mo2 = Pl_regex.search(l[row][1])

    if len(mo) > 0 and len(mo_jap) > 0 and len(mo_men) > 0 and mo2 is None:        
        l[row][0] = l[row][0] + '<br>' + mo[0].replace('¶', '').replace('(', '')
        l[row][1] = mo_men[0].replace('¶', '') + '<br>' + mo_jap[0].replace('.', '').replace('¶', '')
        
with open('idiom/idiom_modified.csv', 'w', encoding='utf-8') as f2:
    writer = csv.writer(f2)
    writer.writerows(l)

冗長だが最低限はできているかと思う。

4行目と21行目で入出力ファイル名を指定している。

7~10行目でそれぞれ例文、例文の訳、意味、意味が複数ある場合の判定を取得するための正規表現を指定している。

18・19行目で取得した内容をcsvファイルに配置している。

最後に

ざっと見た限りは思うようにできたと思う。python便利。

見出しは全部で17547個あるが、手で移動しなければならない項目(一つの見出しに意味が複数あるもの)は2376個まで減らすことができた。

残りの2376個も自動化したいところ。

E-DIC 英和|和英 (イーディック) 第2版 (<CDーROM>(Win版))

E-DIC 英和|和英 (イーディック) 第2版 ((Win版))

全ての元凶。

python全般、正規表現によるマッチングについて書かれた本。csvファイルの扱いにも触れている。

rs.luminousspice.com

編集後のインポートの方法はこちら。

*1:これが例文から見出しを出力するのが難しい原因

DAMの採点で90点を超えるまでの道筋

f:id:armik:20190626110850p:plain:w300
藤井フミヤのTRUE LOVE

カラオケについては既に書き尽くされている感じがあるが、せっかく90点を超えたので書いておく。

本格的に練習し始めて*1から約10ヶ月での達成となった。

自分の音程にあった曲を選び、抑揚をつけるようにして練習すればもっと早く達成できると思う。

10ヶ月の間にやったことを羅列していく。

あくまで私のケースなので、参考程度にしてほしい。私は独学でやってしまったが、無理に独学で進めるよりは、プロの指導を仰いだ方がよいこともあるだろう。

前準備

本を読むこと
Youtubeを見ても良かったのだが、何を信用すればよいのか分からなかったためまずは本を読んだ。

発声練習関連の本にはCD付きのものとなしのものがある。

自分の発声が合っているかを判断するため、CD付きのほうを選んだ。

CD付きのものにも、ただモデルの音声が流れるだけのものと、練習の目的や注意点についての説明が入っているものがある。

つまり、本を見ながら練習するものと、音声のみである程度完結しているものとがある*2

本を見ながら練習するのは面倒なため、音声のみで完結しているものにした。

本は購入せず、図書館で借りた。

スピーカー・スマホのアプリ

風呂の中で練習したかったため防水のものを買った。

Bluetoothで接続でき、湯船にも浮く。

また、自分の発声を録音すればフィードバックしやすい。

細かくチューニングしたければ

play.google.com

Vocal Pitch Monitor

Vocal Pitch Monitor

  • Tadao Yamaoka
  • Music
  • $0.99

などのアプリがある。

声を出す(1ヶ月目)

言葉と声の磨き方

言葉と声の磨き方

歌う前に、まずは声の出し方について頭に入れた。

  • 胸式呼吸の声と腹式呼吸の声の違い
  • チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイスの違い

について示してくれるのが上の本である。活舌の改善方法も扱っている。

1日1周を1週間ほど繰り返すと、今出している声が腹式呼吸なのか胸式呼吸の声なのかがわかるようになってきた。

練習を続けると、チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイスの違いもつかめるようになり、狙ったものを出せるようになった。

歌い始める(2ヶ月目~3ヶ月目)

発声方法をある程度身につけ、こちらに移った。

発声と歌の違いは、チェストボイス・ミドルボイス・ヘッドボイスのそれぞれを混ぜつつ、瞬間的に切り替えるかどうかだ。

会話では切り替える必要はないが、歌の場合は単語単位で切り替わるため難しい。

特に難しいと感じたのは喚声点と呼ばれる、裏声と表声の中間の高さの声だった。

音程を上げていく(3ヶ月目~現在)

私の場合、喚声点は大きく2つある。1つはチェストボイスからミドルボイスに切り替わるmid2E付近で、もう1つはミドルボイスからヘッドボイスに切り替わるmid2G#付近だ。

1つ目の喚声点はリップロールで、2つ目の喚声点はストロートレーニングで多少はマシになった。

リップロールやストロートレーニングについてはこちら


3種の声を混ぜる、いわゆるミックスボイスを重点的に扱っている本が次の2冊だ。

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

3オクターブは当たり前! 喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド

これらの本のトレーニングをリップロールやストローでこなしてから発声すると比較的楽に出せるのには驚いた。

リップロールやストローでなぜ声を出しやすくなるのかがわからないが、胸式呼吸だったり、喉を締めすぎているとうまくできないため、これらを防ぐ効果があるのかな、と感じた。

ミックスボイスの練習は今でも続けている。

さらに音程を上げていく(5ヶ月目~7ヶ月目)

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

改訂版 プログラムCDつき 奇跡のハイトーンボイストレーニングBOOK

発声の切り替えが上達してきたら、こちらの本でさらに音域を広げていった。

私の場合、この本に取り組む前に「奇跡のボイストレーニング」をやっていた状態だったため、「ハイトーン」のレベルAとレベルBは難なくこなせた。

レベルBをこなせれば、カラオケの目安とされるhiAをミックスボイス気味に出せるようになっている。

レベルCとDは高いので、飛ばした。

また、ハイトーンよりもミックスボイスの方が苦手だと感じたため、途中で切り上げた。

ビブラートをかける(6ヶ月目~現在)

腹式呼吸ができるだけでもかなり歌えるようになるのだが、ビブラートをかけられるとさらにそれっぽくなる。

ビブラートについてはYoutubeだけで済ませてしまった。

いろいろやり方があるらしいが、個人的には音程を揺らす方法が感覚をつかみやすかった。

横隔膜を揺らす方法は難しい。まずは音程を揺らすことを覚えれば、横隔膜も自然と揺れてくる。

カラオケで練習する(1ヶ月目~現在)

発声練習だけではモチベが続かないので、2週に1回カラオケに行った。

あまり音域や得点を意識せず、歌いたい曲を入れていた。

記事の初めにも書いたが、高得点を手っ取り早く取りたいなら、歌いたい曲よりも自分の音域に合わせた曲を歌うのが良いと思う。

DAMとものアカウントを作れば、得点の記録が残る上、高得点者の録音を聞けるため参考になる。

もちろん原曲が一番のお手本ではあるが、原曲にはない音程やリズムの変化があるため注意する。

また、スマホで録音するとどこが下手かが一発でわかる。

終わりに

ものごころついた時には私は話せるようになっていたため、今まで自分の発声について意識したことはなかったが、それを見つめ直す機会になった。

練習しているうちに感じたのは、発声にしても歌にしても、体を動かす行為ということだった。

その意味では自転車や筋トレに近い。ある程度練習しなければならないし、一度コツをつかむとコツをつかむ前には戻れなくなる。

また、連続して使うと喉には疲労がたまる。2, 3日連続で練習した後は最低1日の休みを挟むと、より声が出やすくなる。

ストレス解消になる上、1時間歌っても600円程度とリーズナブルだ。

藤井フミヤは点を取りやすいため、次は89点台で伸び悩んでいるMr.Childrenで90点を狙いたい。

*1:週5の自宅での練習と2週に1回のヒトカラ。それまでカラオケには年に数回しか行っていなかった

*2:もちろん、本にはさらに詳しい情報が載っている