社説の縮約を終えてのまとめ

一応30日分の縮約が終わったため、まとめというか自分語りをする。

縮約の成果が出てないではないかとか言わないでください。

きっかけ

そもそものきっかけは、社説の縮約が日本語の読み書きのトレーニングになると「日本語練習帳」で紹介されていたことだった。

日本語練習帳 (岩波新書)

日本語練習帳 (岩波新書)

詳しい説明はこの本を見てほしい。

縮約のルールは以下の通りである。

  1. 縮約とは、要約することや要点を取ることではなく、地図で縮尺というように、文章全体を縮尺して、まとめること。
  2. 1行20字詰20行の原稿用紙を使い、最後の1行あるいは2行の空白を作ってもいけない。つまり、ぴったり20行にわたる文章にまとめる。
  3. 400字から1字はみだしてもいけない。
  4. 句点(。 )、読点(、)は1字文取る。
  5. 全文を段落なしに書き続けてはいけない。途中に段落をつけ、改行すること。
  6. 題目は字数外とする。

これを30日分繰り返すことで力がつくというのだ。

「社説の文章の縮約を30回すると有効だと思います。ええっ?30回も?と思うでしょう。ところが、続けていくと途中から目が鋭くなって、肝心のところが読み取りやすくなり、かなり書けるようになります」

せっかく夏休みだったので、やってみることにした。

縮約作りに関する問題

社説はネットで簡単に見ることができる。

新聞社説一覧

これを使ってもよいのだが、私の家では親がいまだに朝日新聞を取っているため、それを使った。

やってみるとわかるが、縮約はなかなかの頭脳労働である。ディスプレイ上ではとてもできない。

紙媒体の方が印刷の手間が省ける上、段組みがしっかりしていて読みやすかったのだ。

なんとか縮約を作ってみると問題が出てくる。できた縮約の出来が良いのか悪いのか判断しづらい。

縮約に明確な答えはもちろんないのだが、複数ある縮約の中からより良いものを選ぶことはできるはずだ。

1人で作って悦に入るだけでは成長するものも成長しないだろう。

「日本語練習帳」では、複数の人で同じ社説について縮約を作り、互いに批評し合うことが勧められている。だがそんな知り合いはいない!

せめて、他の人が作った縮約(日付や新聞社は問わない)はないかと探してみた。

「日本語練習帳」にはお手本として1つの例が載っているが、これだけでは少なすぎる。もう少し他の例も見て参考にしたい。

ところが、ネットにはほとんど見つからない。

困ったため、ブログに書くことにした。私と同じ悩みを持った変わり者の参考になればよいと思ったのだ*1

また、縮約を作るときに考えたことを文章にすることで、思考が整理されるだろうという思惑もあった。

ルール2を見ればわかるように、縮約は原稿用紙のフォーマットで作るように指示されている。これをはてなブログで再現する必要がある。

今回は、まずエクセルを使って縮約を作成し、それをhtmlに変換するという方法を取った。

具体的な方法は次の記事に書いた。

7/25の朝日新聞の社説の縮約 (1/30) - armikのblog

7/26の朝日新聞の社説の縮約 (2/30) - armikのblog

終えての感想や意識すると良いと感じたこと

縮約作りは、文章中の単語の入れる、入れないの選択の繰り返しだと言える。

入れる、入れないを判断する際に考えるとよい(少なくとも自分がやっていた)のは次の点である。

もちろん常にこれらが正しいわけではないので、あくまで参考までに。

  • 主張を捉える
  • 情報の新旧を意識する
  • 不要な修飾を落とす
  • 反復を落とす
  • 例示を落とす
  • 文章の型を意識する
  • 作成過程を残す

まとめてみると、作文術に関する文章で言われることの焼き直しにしかなっていない。

主張を捉える

そのままである。縮約の主張はその文章の主張と同じになるはずである。主張を捉えそこなった場合、縮約もお粗末なものになるだろう。

もっともそんなケースはまずない。社説の場合はタイトルが主張になっているためだ*2

文章の中には大抵タイトルと同じ言い回しが現れる。それはまず入れるべきだろう。

また、文章だけでなく個々の段落にもそれぞれの主張がある。可能な限りそれも拾っていく。

特に、逆接の後には重要な事実や主張が来ることが多い。

そのため、逆接の前は切ってしまっても問題ないことが多い。

情報の新旧を意識する

社説には、話題となっている制度などの歴史についての段落がよく出てくる。

私はその情報は重要ではないと判断していた(あくまで私見)。

というのも

  • 歴史は調べればある程度はすぐにわかるし、詳しい人は知っている
  • 歴史そのものが情報として重要であることは少ない

と考えていたためだ。

社説はニュースに基づいて書かれている。ニュースは誰もが初めて知る情報である。そのため、情報としての重要度は高いと言えるだろう。

一方、歴史や過去の情報は調べればわかる上、知っている人も少なくない。

ニュースを省いて歴史を入れるよりは、逆の方が良いだろう。

また、社説の中で歴史そのものが重要な意味を持つことは多くない。

歴史そのものが意味を持つとは、ニュースや主張が「これまではAだったが、今回はじめてBになった」などと過去と対比させるものになっているということだ。

この場合はBになったことだけを言ってもわかりにくい。Aであることを説明するほうが良いだろう。

縮約を作っていてこのような例はあまり多くないと感じた。

例えば、8/23の社説には「国や自治体に一定割合以上の障害者の雇用を求める障害者雇用率の制度ができたのは1960年。76年には民間企業にも義務づけられた」という記述がある。

8/23の朝日新聞の社説の縮約(29/30) - armikのblog

この記述からは大きく3点が読み取れる。

  • 障害者雇用率は一定割合以上の障害者の雇用を求める制度
  • 国や自治体に制定されたのは1960年で、できてから60年近く経っている
  • 民間企業に制定されたのは国より遅く、76年

1つ目については社説の冒頭で説明があるため反復になっている。

2つ目はこの後の文章に制度ができてからの年月についての記述がない。

3つ目もこの後の文章に国より遅いことが言及されていない。

というわけで、歴史についての記述は単発になりがちで、他の情報との結びつきが薄いことが多い。このような情報は落としてしまっても縮約そのものに影響しない。

不要な修飾を落とす

これもそのままである。修飾語は大抵省略して問題ない。

例えば、8/24の社説の冒頭には「オスプレイ沖縄県民の強い反対を押し切って、12年から普天間飛行場海兵隊のMV22の配備が始まり、24機の拠点となっている」とある。

これは縮約では「オスプレイ沖縄県民の強い反対を押し切って、12年から普天間飛行場海兵隊のMV22の配備が始まり、24機の拠点となっているった」

となっている。

「沖縄」は「普天間飛行場」から明らかである。「強い」は修飾なので不要である。「海兵隊のMV22」も修飾である。

8/24の朝日新聞の社説の縮約(30/30) - armikのblog

また、「Aではないか」「Aだと思われる」「Aと言わざるを得ない」「Aであることは明らかだ」などという言い回しは文字数を消費する。すべて「Aだ」としてしまってよい。

ここで重要なのは「少なくとも筆者はAだと考えている」ことであり、その言い回しは重要ではない。

確信を持っていない場合はそもそも文章に出すことはないだろう。書いている以上はそう思っていると考えてよい。

もちろん、必要な修飾もある。修飾そのものが意味を持つ場合だ。

先ほどの例では「強い」は省略していた。これは先ほどの文では「反対を押し切って」が重要だったためであり、「強い」ことは比較的重要性が低いためである。

「強い」ことが意味を持つような文章では省くことができないこともあるだろう。

反復を落とす

これもそのままである。筆者の主張に多い。

大抵主張は前の方にある。同じ主張を後ろの方で、別の単語を使って繰り返すことがある。そういった場合は前の方を採用し、後ろのものは消すほうがよい。

また、似た単語が複数並ぶことがある(「事故やトラブルが多発」など)。これは匙加減だが、どちらかにしてしまってよいと思う。

例示を落とす

「修飾を落とす」に近いが、例は落としてしまっても問題ないことがある。

例えば「虚偽の申告によって犯罪と関係ない人が巻きこまれるなど、司法取引にはさまざまな懸念がつきまとう」という文章があった時には、前半の「~など」より前の部分は切ることができるだろう。

もちろん、あまりに説明不足になる場合は省かない方がよいこともある。

また、一つの段落が全てあるものの例に使われていた場合、段落ごと省いてもよいことがある。

文章の型を意識する

これまでの説明で「切ってしまってもよい」などという表現を使ってきた。なぜそのように言えるのか考えてみる。

そもそも社説は大抵「問題の提起」を目的に書かれている。「Aは問題だ(だからもっとBしろ)」と主張するのだ*3

その目的は縮約でも変わらない。

つまり、よい縮約とは、もとの文章より少ない文字数であっても、もとの文章と同じ目的を果たせている縮約だと言える。

今まで「省略できる」などと言って挙げてきたものは、省略しても文章全体の目的を損なうことがないと言えるものだ。

とはいっても、これはあくまで傾向であり、常に正しいわけではない。

結局は、もとの文章を読んでみて、一つ一つの単語の取捨選択によって目的を損なったかどうかを判断する必要がある。

これを判断する助けになるのが文章の型を意識するということだ。

型を意識することでいわゆる「先読み」が可能になる。

社説では、その目的である「問題の提起」を果たすため、次の4つのフェーズで説明を行うことが多い。

  1. 問題の概要(きっかけとなるニュース)
  2. なぜそれを問題と見なすのか
  3. どのようにしてその問題が表れたのか(原因、経緯)
  4. それをどのようにして解決すべきか

2~4の順番や文字数は日によって異なる。

社説を読むと、明らかに話の内容が変わる場所があることに気づく。大抵の場合、内容が変わる時は上に示したフェーズが切り替わっている。

これらの問いと関係ない情報は全て省略できる。結局のところ、これまで述べてきた

  • 情報の新旧を意識する
  • 不要な修飾を落とす
  • 反復を落とす
  • 例示を落とす

によって省略できる情報は、1~4の問いに答えていないといえる。

これを後ろに置いたのは、型を意識するのは最初は難しいと感じたためだ。

ある程度自分で試行錯誤した後で、改めて意識することで理解できるのではないかと思う。

また、一般には社説のような文章ばかりとは限らない。異なる型を持つ文章もあるだろう。

型にとらわれすぎると文章を誤解しかねない。

作成過程を残す

このブログでやっていることだが、なぜその単語を切り、その単語を入れたのかを、自分なりにまとめるとよい。

縮約を一通り作った後でも、なぜそうしたのかをブログにまとめる過程で改善案が見えてきたりした。

ブログとして公開する必要はないが、一つ一つ説明できる方が良いだろう。

最後に

縮約を作ってみて、日本語の運用能力が上がったかどうかはまだわからない。

ただ、文章の型については意識できた。これは他の文章を読む助けになると感じた。

型について意識できたのは最後の10日間くらいであるため、それ以前の縮約の出来は悪いだろう。

初期に作ったものは改善できると思う。

また、縮約をやったからといってわかりやすい文章が書けるようになるというものでもない。

推敲が甘ければ支離滅裂なものになってしまう。それには気をつけたい。

*1:参考になるかは謎

*2:たまに疑わしいものもある

*3:Bは朝日の場合大抵ムチャぶり